A-103

友禅染
有職変り雪輪図文様

友禅染は江戸時代、元禄の頃、
京都の絵師、宮崎友禅斉によって始められました。
糸目という糊置きの技法と、
日本画のような色彩で衣を彩ります。
友禅ならではの息をのむ華麗な染織。
その美しさが、世界でも類をみない
着る芸術品といわれる所以です。
二十歳の晴れの日を、至高の振袖で。

【No.A-103】
お買上げフルセット 580,000円 (税抜)